アニメ映画「マイマイ新子と千年の魔法」

この世界の片隅に

のんさんからのコメント

子供の見る景色は輝いていて、夢の溢れる世界が広がっています。
特別なドキドキをしみじみ感じました。
その夢の世界から現実の世界へ引き戻されて必死に向き合おうとする新子が、
痛々しいのだけどとても魅力的でした。
改めて、子供心を捨てたくはないなと思える、本当に素敵な映画でした!

新着情報

数量限定!作画監督浦谷千恵さん描き下ろしポストカードプレゼント決定!
アンコール上映 劇場追加(東京・東銀座)4/1は片渕監督舞台挨拶も!
防府ロケ地マップ 好評につき増刷!配布劇場追加
『この世界の片隅に』との同日レイトショー決定!(兵庫県・姫路)
アンコール上映 劇場追加情報 北海道・兵庫・千葉
防府・名古屋は延長! 
【新】防府ロケ地マップが配布されます!
アンコール上映続々決定 ふるさと山口県・山口で35mm、東京は池袋が決定!
2月19日(日)片渕監督舞台挨拶付き上映会 決定!(尼崎・京都)
片渕監督.横浜ニューテアトルにて舞台挨拶決定!「この世界の片隅に」との連続上映!!
アンコール上映 ふるさと山口県・防府も決定!京都・愛知・千葉もさらに追加!!
アンコール上映 続々々決定! 京都・兵庫・熊本・大分・埼玉!!
DCPでのアンコール上映 続々決定! 4/29(土)~5/12(金)静岡・浜松
DCPでのアンコール上映が決まりました!!!
舞台挨拶付「再」アンコール上映 新宿ピカデリーシアター1 開催決定!
DCP初お披露目!!
舞台挨拶付アンコール上映 inかえってきた新宿ピカデリー 開催決定!
12月28日18:00~チケット販売開始!!
『マイマイ新子と千年の魔法』が各配信サイトにて好評配信中です!
片渕須直監督最新作『この世界の片隅に』明日12日(土)いよいよ全国ロードショー!!!!
『マイマイ新子と千年の魔法』公式サイトが、7年ぶりにリニューアル!

商品情報

全ての商品情報はこちら

Blu-ray版

「マイマイ新子と千年の魔法」

発売日:2016/10/28 価格:6,980円(税込) 品番:EYXA-11000
発売・販売元:エイベックス・ピクチャーズ

  • 購入する
  • 詳細を見る

【Blu-ray版収録内容】
DVD版に新たな特典を加えた完全保存版!!
●映像特典はメイキング、舞台挨拶、特別番組など充実の150分超え!
●片渕監督2016年公開最新作『この世界の片隅に』の特別映像も収録!
●英語版、フランス語版、オーディオコメンタリー2種も収録
【初回版特典】
・描き下ろしイラスト使用スリーブケース
・ブックレット「メモリー・オブ・マイマイ新子と千年の魔法」(16P)

DVD版

「マイマイ新子と千年の魔法」

発売日:2010.07.23 価格:¥6,264(税込) 品番:AVBA-29763
発売・販売元:エイベックス・ピクチャーズ

  • 購入する
  • 詳細を見る

引き続き好評発売中!
※Blu-ray版と仕様・収録内容が異なります。ご注意ください。

特報・予告

その他動画はこちら

  • 特報

  • 予告編

イントロダクション

おかえり、新子ちゃん!

原作は、芥川賞作家・髙樹のぶ子が自らの幼少時代をモデルに描いた自伝的小説「マイマイ新子」。昭和30年代の山口県防府市の風景が、圧倒的な美しい映像となってよみがえります。映画化の指揮を執ったのは、片渕須直監督。TVアニメ『名探偵ホームズ』(84)の脚本や、スタジオジブリ作品『魔女の宅急便』(89)の演出補として宮崎駿監督を補佐。TV『名犬ラッシー』(96)では監督としてシリーズをまとめあげ、劇場公開映画『アリーテ姫』(01)でアニメーション映画の監督としてもデビュー。そして今年、『マイマイ新子と千年の魔法』公開直後から企画を温めていた『この世界の片隅に』がついに完成。11月12日(土)の公開が待たれる、いま最も注目されている実力派監督です。アニメーション制作を担当したのは、クオリティの高さで定評のスタジオ、マッドハウス。声の出演は、主人公・新子役に女優の福田麻由子。転校生・貴伊子役に水沢奈子。新子の母を女優やナレーター、絵本作家など、マルチに活躍する本上まなみが務めました。公開後、上映存続を訴えたインターネットでの署名などを通じて約80ヶ所のシネコン、ミニシアター、野外上映などで1年近くのロングランになりました。また海外でもロカルノ映画祭、オタワ国際アニメーションフェスティバル、モントリオール・ファンタジア映画祭で上映され、受賞も果たしました。2009年のロードショウから7年。今一度この名作をBlu-rayでお届けします!

あらすじ

想像の翼をぐんぐん広げ、千年前の町の姿やそこに生きる幼い姫まで思い描く。
そんな少女・新子が、転校生・貴伊子や仲間とともに過ごす、楽しくも切ない季節。

ゆったりとした自然に囲まれた山口県防府市・国衙。
平安の昔、この地は「周防の国」と呼ばれ、国衙遺跡や当時の地名をいまもとどめている。
この物語の主人公は、この町の旧家に住み、毎日を明るく楽しく過ごす小学3年生の少女・新子だ。
おでこにマイマイ(つむじ)を持つ彼女は、おじいちゃんから聞かされた千年前のこの町の姿や、そこに生きた人々の様子に、いつも想いを馳せている。
彼女は“想う力(ちから)”を存分に羽ばたかせ、さまざまな空想に胸をふくらます女の子であり、
だからこそ平安時代の小さなお姫様のやんちゃな生活までも、まるで目の前の光景のようにいきいきと思い起こすことができるのだ。

そんなある日、東京から転校生・貴伊子がやってきた。
都会とは大きく異なる田舎の生活になかなかなじめない貴伊子だが、好奇心旺盛な新子は興味を抱き、
お互いの家を行き来するうち、いつしかふたりは仲良くなっていく。
一緒に遊ぶようになった新子と貴伊子は同級生のシゲルや、タツヨシたちとともに、夢中になってダム池を作る。
そして、そこにやってきた赤い金魚に、大好きな先生と同じ「ひづる」と名前をつけ、大切に可愛がるようになる。
やがて新子たちは、学校が終わるとこのダム池に集まって過ごすようになっていた。
しかし、ふとしたことから「ひづる」が死んでしまい、それを機に仲間たちとの絆も揺らぎ始めていく。
そんななか、新子は「ひづる」そっくりの金魚を川で見かけたという話を聞き、貴伊子や仲間たちと金魚探しを始めるのだった。

そして、みんなの心が再びひとつになりかけたその時……。

キャスト

詳しい情報はこちら

青木新子役
・・・ 福田麻由子(ふくだ まゆこ)
島津貴伊子役
・・・ 水沢奈子(みずさわ なこ)
諾子(なぎこ)役
・・・ 森迫永依(もりさこ えい)
青木長子(新子の母)役
・・・ 本上まなみ

スタッフ

詳しい情報はこちら

原作
・・・
髙樹のぶ子
(「マイマイ新子」マガジンハウス・新潮文庫刊)
監督・脚本
・・・
片渕須直(かたぶち・すなお)
制作スタジオ
・・・
マッドハウス

第二次世界大戦下の広島・呉を舞台に激化していく世の中でもなお、日々の暮らしを大切に、前を向いて生きていく女性・すずを描く傑作アニメーション。